弁護士

裁判と議論

 指さす男性の手

裁判を起こす人が増えている

なぜ裁判をする人が増えているのでしょうか。 最も大きな理由は、裁判をすることによって示談金よりも多くの慰謝料を請求することが可能だからです。 一般的に、加害者である保険会社側が提示する示談の金額は法律的な相場などではありません。 そもそも、慰謝料請求に一律に判断できる相場などないのです。 慰謝料請求は、それぞれのケースによって請求金額を決定するものであるため納得のいかないときには弁護士を通して裁判をする事が出来るのです。

議論を長引かせないようにする

近年、裁判が増えている理由は慰謝料請求が大きくなること以外にもう一つ存在します。 それは、示談に関する議論を長期化させないようにするためです。 示談交渉は、民事トラブルに関しての話し合いという意味合いではかなり特殊です。 なぜかというと、話し合いに決着が付かなければ一年以上も議論が続くことがあるからです。 被害者側としては交通事故に巻き込まれた後にすぐにでもお金を貰いたいと考えますが、保険会社がそれを許しません。 この場合、交通事故に関する話し合いを弁護士を通した裁判で解決したほうが早期に決着できる場合があります。 交通事故から期間が経過すればするほど被害者に不利になるため、弁護士に相談して裁判を進める人が増えているのです。 腕の良い弁護士ならば、すぐに結果を出してくれます。

どちらに依頼をするか

 悩める男性

相手の不貞行為により離婚することになった場合、慰謝料の請求が可能です。そのサポートのための専門家の存在はとても心強いですが、多くの弁護士や行政書士が離婚慰謝料の請求はお任せくださいと謳っています。

証拠と相場の確認

 ミーティング風景

縁あって一生を添い遂げようと誓った二人でも、離婚と言う形でその生活を終えることがあります。その原因が不貞行為(不倫、暴力など)に遭った場合には慰謝料を請求することができます。相談しましょう。

離婚問題と弁護士

 悩める女性

日常的に弁護士と付き合いがあるという人はそう多くありません。離婚するために弁護士のサポートを受けたいと考えたとしても、気軽に相談できるような弁護士の心当たりなど全くないという人がほとんどです。